本文へスキップ

中性脂肪とビタミンの関係を見ていきましょう。

中性脂肪とビタミンの関係

中性脂肪とビタミンの関係とは?

中性脂肪というのは、トリグリセリドの略で、エネルギーの源となる成分です。エネルギーとして使用される以外に余ったものは体に蓄えられ、体温維持などの生命維持に役立ちますが、あまりに過剰だと、肥満や糖尿病、動脈硬化などの病気を引き起こす可能性があります。この中性脂肪はビタミンと深い関係があり、効果的な種類のものを摂取することで、過剰な中性脂肪の数値を改善できる可能性があります。

中性脂肪を下げる栄養素としては、ビタミンB群が挙げられます。
その種類としてはビタミンB1やB2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどが挙げられます。
これらが多く含まれている食材としては、豚肉やレバー、カツオ、もやし、ホウレンソウ、ニンニク、大豆、ゴマ、バナナなどがあります。
しかし、この成分は水に溶けやすく、体に溜めておくことができないため、定期的に摂取するよう心掛けることが大事です。

また、ビタミンEにも改善効果があります。脂溶性のものでこの成分には体内にある脂質の酸化を抑制する働きがあり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病に効果的であるといわれています。また、血管を酸化から守り、血行を良好にする働きもあります。多く含まれる食材としては、アーモンドやカボチャ、植物油、ひまわりの種などが挙げられます。

これらの栄養素を食事で摂取できる量には限界があります。そのため、サプリメントなどを利用して効果的に摂取すると良いでしょう。

ほうれん草