本文へスキップ

トマトと中性脂肪の関係を見てみましょう

トマトと中性脂肪の関係

トマトと中性脂肪の関係とは?

トマトといえば、人間の体に必要な酵素やビタミンC、リコピンを多く含む食べ物です。
その成分が美容や健康に良い影響を生むので、一時期トマトダイエットなども流行りましたが、それ以外に中性脂肪を下げる効果があることをご存知でしょうか。

トマトは、不飽和脂肪酸であるリノール酸に似た働きをするために、代謝をアップさせたり血糖値も下げる作用があり、含まれる成分の中には、肝臓で脂肪を燃焼させる効果を高める作用もあるため中性脂肪を減らす効果が格段に上がるという仕組みなのです。
また、色が赤いのはリコピンという成分によるものですが、このリコピンは抗酸化作用や悪玉コレステロールを減少させる効果以外に、血液の流れをよくする作用もあるため、動脈硬化や肥満などの生活習慣病の予防にもなるのです。

では、どれだけ摂取すればその効果が発揮できるのでしょうか。
それは、毎日六個程食べると効果が期待できると言われていますが、いくら好きでも一日にそれだけの量を食べるのは難しいでしょう。中には、あまり好きじゃないという人もいますし、いくら効果があってもそれだけ食べるのは抵抗があるでしょう。

簡単なのは、一日に200mLのトマトジュースを飲む習慣をつけることです。
それだけで、中性脂肪を減少させて生活習慣病の予防にもなるのだったら、試してみようと思うでしょう。
いつまでも若々しく健康的な生活を送るためにも、毎日の食事に取り入れてい見てはいかがでしょうか。

中性脂肪 トマト