本文へスキップ

サプリメントで中性脂肪を下げる方法

サプリメントで中性脂肪を下げる方法

サプリメントで中性脂肪を下げる方法とは?

中性脂肪とは、トリグリセリドとも呼ばれ、エネルギー源となる物質のことを言います。摂取された脂質は小腸から吸収され、血液中に入ることでエネルギーとして利用されます。エネルギーとして使い切れずに余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられることになり、これには内臓を守る働きや体温を一定に保つ働きなどがありますが、多すぎると肥満や糖尿病などの病気を引き起こす原因となってしまいます。

中性脂肪を減らすには食事の改善と運動が基本となりますが、サプリメントも合わせて使用すれば効果的に改善することができます。効果的なサプリメントとしては、EPAとDHAが挙げられます。

EPAというのは、エイコサペンタエン酸の略でオメガ3系脂肪酸という、人間の体内では合成することができない栄養素です。EPAは青魚に多く含まれています。EPAには中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やし、血液をサラサラにするというはたらきがあります。そのため摂取することで高脂血症や高血圧などのを予防することができるといわれています。また、痩せるホルモンであるGLP-1ホルモンの分泌を促進する働きもあり、ダイエットに効果的であるとも言われています。

DHAというのはドコサヘキサエン酸の略で、EPA同様オメガ3系脂肪酸の一つです。DHAには、肝臓で中性脂肪が合成されるのを抑制する働きがあります。DHAも青魚に多く含まれていますが、食事で摂取できる青魚の量は限られます。

そのため、これらの成分をサプリメントとして摂取することで、効果に数値を改善することができます。

中性脂肪 サプリメント