本文へスキップ

中性脂肪を下げたい人が外食で気をつけること

中性脂肪を下げたい人が外食で気をつけること

中性脂肪を下げたい人が外食で気をつけることとは?

できる限りは自炊して食事をすることが理想ですが、現実には難しいことです。生活の事情によって外食をしなければならないことが必ずありますが、栄養が偏って中性脂肪が増える危険性があります。自炊する場合には塩分などの量は自由に調整できますが、他人が作る料理の場合では難しいはずです。塩分やカロリーを把握するためには、食材の栄養を普段から調べておくことが重要です。

外食では高タンパクで高脂質な料理を食べることが多くなるため、工夫を行うようにします。中性脂肪の吸収を抑制するために、主菜を食べる前に野菜を沢山食べるようにすることが欠かせなくなります。野菜からは水溶性食物繊維を摂取することで、コレステロールや糖質の吸収を抑えられます。食後の血糖値上昇を抑えるためにも有効な食べ方ですから、早食いで太りやすい人は実践することがおすすめです。野菜を食べてから肉を食べるようにすれば、消化も促進して胃腸への負担も軽減できます。

中性脂肪を下げたい人が外食してはいけないことはなく、賢く利用すればいいだけです。健康に配慮した食事を提供する店を選ぶことも重要です。さらに、店へは徒歩で行くようにすることも大切です。運動もしないで外食をすれば、栄養が過多になる可能性が高くなります。運動不足も中性脂肪を増やす原因となるため、普段からよく歩く習慣をつけるようにします。飲食店の食事では酒も付き物となりますが、飲酒量を抑制することも極めて重要です。

中性脂肪 注意すべきこと